ドキュメント72時間のうどんそば自販機生き残った

シェアする

うどん

以前はBGM代わりに常にテレビを見ていた僕ですが、今は、特定の番組を録画して見ることがほとんどで、見る番組もNHKの「ドキュメント72時間」「ブラタモリ」、浜ちゃんの「ごぶごぶ」「水曜日のダウンタウン」、後はマツコの番組くらいしか観ない。

たまたま流れていたら、そのまま見入ってしまうこともあるけれどレギュラーで観ているのはそれくらいだ。

そうでもしないと海外ドラマを見る時間がなくなるからね。ただでさえ見たい作品が多すぎて困っているのに。

スポンサーリンク
スポンサー

ドキュメント72時間だけは別格

そんな僕もこの番組は大好きだ。

去年初めてこの番組の存在を知って、それ以来欠かさず観ている。

年末のリクエスト特集も録画して全部見たくらいだ。

何が面白いって、そこに出てくる人間のリアル人生模様が画面を通して、ダイレクトに伝わってくる。

72時間の長回しをすればこその筋書きのないドラマが、毎回映しだされている。

ひとつとして同じ人生のない世界の素晴らしさ、残酷さ、悲しさ、寂しさ、すべてひっくるめて観ているこちらに伝わってくる。

それぞれのオンリーワンの人生、自分以外の人生を仮想体験できるんだ。

その大好きなドキュメント72時間の中でも取り分け印象に残ったものに、秋田にある古いうどんそば自販機に集まってくる人々の人間模様を捉えた回があった。

この自販機は昔はあちこちのドライブインやサービスエリアに置かれていて、僕と同世代の人ならたいていは食べたことがあるんじゃないかな。

それがいまだに現役で動いているなんて、ちょっとノスタルジーも感じてしまった。

まさしく、その自販機が昨日のスッキリに取り上げられていて、もう今月いっぱいで営業を終えるという。

僕が子供の頃からある種類の自販機だし、ドキュメント72時間の時にすでに故障寸前だったから、もう限界が来ても仕方ないなと思っていたら、今日になって150メートル離れた道の駅に移して、営業を続けるという。

これからも地元の人達の人生の交差路になり続けるなんて、離れた所に住んでいる僕でもなんか嬉しくなった。

また、新しい場所でのうどんそば自販機をドキュメント72時間で取り上げてくれないかなぁ。

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー