Google 先生苦情を訴えられる

アフィリエイト
Getty Images、Googleの画像検索がクリエイターの権利を侵害していると申し立て

アフィリエイトサイトを作っていると、絶対に必要なのが画像です。

もちろん記事がメインコンテンツなのは間違いないんですが、間に画像が挿入されていないとなかなか訪問者は読み進めてくれないのです。

自分の興味があることなら文章だけでも読んでくれるのですが、ちょっと調べていてたまたま開いたページがびっしり字だけで構成されていると誰も読んでくれません。

それはアフィリエイトサイトだけでなく、ブログなんかでも同じでしょう。

僕は画像が必要な時は、このブログなら主にフリー素材のサイトから選んでダウンロードしています。

以前は毎回、フリー素材を集めたサイトに行って選んでいましたが、今は自動でフリーの画像を探してきてくれるプラグインで画像を入れているのでだいぶ楽になりました。

有料の画像ダウンロードサイトの会員にもなっているので、いい画像がなければそこの画像を使うこともあります。

今でこそ、それはあたり前のこととしてやっていますが、最初の頃はGoogleの画像検索でちょうどいい画像を見かけると使いたいなぁと誘惑に駆られたものでした。

僕の場合はアフィリエイトをやっているから、著作権に関して注意していますが、一般の人からしたらGoogleの検索で表示されている画像に対して著作物という意識は薄くなるのかもしれません。

サムネイルのみの表示ならともかく、クリックすれば大きく表示されますからね。

フォトストックサービスの訴えも当然でしょう。

今の世の中情報を握っているものが強者ですから、こういうところはきちんとブレーキを掛けないとGoogleの横暴がまかり通るようになっちゃいます。今でさえネットの世界はGoogleに牛耳られていますからね。

アフィリエイトをやっていると肌身に感じますよ。

コメント