神との対話

不思議

今日は子供たちがずっと家に居て、家族全員がコタツに足を突っ込んでいて人口密度が異常に高い。

足を入れずにコタツの端っこで布団だけ被って、寒さにふるえているオヤジです。

タイトルは今から二十年くらい前にベストセラーになった一部では超有名な本です。

いわゆる精神世界系に分類される本なので、そういう方面にまったく興味がない人には知らない方も多いかもしれないけど、このジャンルに大きな影響を与えた本なんです。

それまで精神世界という分野の存在すら知らなかった人達に、自分とは何か?という問いを突きつけ、このジャンルに多くの人を誘うきっかけとなったんだ。

この僕もその一人で、小さい頃から、自分というのは何なんだろう?人は何のためにいきていくんだろう?ということをたびたび考え込むような変わった子供ではあったけど、僕の知らない精神世界というのがあり、自分と同じようなことを考えている人が沢山いることを知るきっかけとなったんだ。

まあ僕は精神世界にどっぷりとは浸らずに距離をおいたまま、そのエッセンスだけ取り入れて独自に探究を続けていく中で、坐禅→瞑想へと進んでいった。

今日は僕のターニングポイントとなった『神との対話』とのちょっと不思議な出会いの話だ。

人の幸せは他人からはわからない

その頃の僕は子供が生まれて可愛い盛り、仕事は軌道に乗って忙しいくらいだった。

きっと他人から見れば幸せな人に見えただろう。

でも外見とは裏腹に子供が生まれてから奥さんが子育てに専念し、仕事が忙しくなるに連れて夫婦の間はギクシャクしだしたんだ。

表面的には不仲になっているわけではないんだけれど、象徴的なのは夜の生活がすっかりなくなっていた事。
レスになってから丸二年が経っていた。

つかみどころのない鬱憤が溜まるにつれて子供の頃の”何で人は生きているんだろう”という思いが再び頭をもたげだした。

ある朝、仕事をしながら”何で僕は生きているんだ?僕は何者なんだ?”という思いがまた湧き上がり、そのうち”もうこの世から消えたいな……最後にこの世の真理だけ知りたいな。それがわかれば、消えてもかまわない”とまで考えていたんだ。

その当時ある雑誌から通販で色々なものを買っていたんだ。
編集部からすれば優良顧客だったのかもしれないが、ある日買った品物を使っている様子を取材させて欲しいと連絡があった。
特に断る理由もなく、ミーハーな気持ちで承諾したんだ。

そんな厭世的な考えに囚われていた日がちょうど取材の日だった。

取材は仕事がしばらく時間が空くその日の昼からという予定になっていた。

当初は立ち会うつもりだったが、すっかり煮詰まっていた僕は奥さんに任せて、あてもなく外出した。

導かれるように

取りあえず車で家を出たものの、目的のない僕は国道をただ走っていた。

しばらく車を走らせて、ちょうど川を越えて橋を渡った時に、そういえばもう少し行けば本屋があることを思い出して、そこに寄ることにしたんだ。

本屋に入って何を読むでもなく、ただ並んだ本の背表紙や平置きにされた本の表紙をつらつらと眺めていた。

その時ふと気になる本のタイトルが目に留まった。

それが『神との対話』だったんだ。

聞いたこともないタイトルの本だったが、僕の問いに何らかのヒントをくれるのじゃないかと思い、ろくに中身も確認せずにレジに持って行った。

帰ってみると取材の人たちは帰っていて、初めての体験に少し興奮気味だった奥さんは、何の用事だったか覚えていないが、子供を連れて出かけてしまった。

家に一人になった僕は早速買ってきた本を出して、貪るように読んだ。

衝撃だった。

そこには僕の知りたかった問いのヒントどころか、答えそのままが書かれていたんだ。

問いを持たずに読んだらそれほど響くものではないのかもしれないが、僕のずっと知りたかったことがそこに全て書かれていた。

朝に答えを求めたら、その日の午後には答えを手にしていたのだ。

僕は夢中になって読み進めていった。
あるページまで来た時だった。

そこに書いてある言葉は今読んでいる僕自身に向けられていたんだ。

そんなわけあるか、と思うかもしれないが僕はそうだと確信している。

その言葉を読んで僕は生まれて初めて慟哭した。

終わりの始まり

その言葉を読んで、何かが崩れた。

そこまでに生きてきた人生、楽しいことも、嫌なことも、悲しいこともすべてがそこに繋がっているのが一瞬で分かった。

その瞬間を迎えるために全てがあったことが何の疑問もなく腑に落ちた。

ひとしきり泣いてから、心が軽くなっているのに気づいた。

何の心配もなくなっていた。

すごくふわふわした感覚でそれは三日くらい続いたかな。

その日の晩は奥さんと自然な流れで二年ぶりにセックスをしたんだ。

その後でその日僕が経験したことを話した。

すると彼女も自然と涙を流し、同じ経験をしたようだった。

二人の体験は俗にいう至高体験というものなのでしょう。

でも特別なことではないし、それからはまた普通の生活が戻ってきます。

同じように食べ、同じように働き、同じように喜怒哀楽があります。

でもその時点を境に180度世界が変わってしまったんだ。

それまでは自分というものを作り続けていたのに、その日からは自分という殻からの脱却が始まった。

それは今も続いています。

でもそれは決して嫌なことでも怖いことでもない日々です。

じゃあ、どんな日々かって言うと

コタツで震えながらも、幸せを感じられる。そんな日々です。

コメント