スポンサーリンク

この世はバーチャルであると科学者たちが考え始めてる?!

今日目に留まったこのエントリー。

お釈迦様や歴代の覚者たちが言ってきたことと妙に符合しますね。

この世がまさにマトリックスの世界である可能性を、科学者たちが真剣に語り合っているw

人間が実は作られたシミュレーションの世界に住んでいるのではないか?という仮説を科学者たちが議論
この宇宙がホンモノなのか、それともコンピューターの産物なのかというのは「シミュレーション仮説」と呼ばれて学者たちの興味の対象となっていて、天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏がモデレーターを務める「アイザック・アシモフ記念討論会」でも議論が行われました。

宇宙は人間が物事を突き詰めていくと、必ずそこに答えを用意してくれるんです。

それまでの知識と齟齬の無いように、見事に美しい法則を提示してくれる。

どこまで突き詰めても、観察者がいる限り調和の取れた正解を渡してくれるんです。

悟った人が話してきたことが、科学を突き詰めた先につながるんですよね。

量子学なんてその筆頭ですね。

今回の話も、スピリチュアルでよく言われる、この世は幻想ということとほとんど同じ。

ネットに見るこの世のフラクタル
よく世界はフラクタルにできていると言われますよね。例えにたびたび出されるのが、海岸線の複雑な形。上空1万メートルから見ても、10メートルから見ても、その複雑さは見た目にあまり変わらない。もっとスケールの大きな物なら、巨大な宇宙と微小な原子の

僕がこのエントリーで言っていたことと同じです。

ロールプレイングゲームを遊んでいる僕を、ロールプレイングゲームして操っている”それ”がいるんですね。人格をもっといるとは言わないけど…

科学と思想もフラクタルだ。

コメント