スポンサーリンク

バカリズムと小林可夢偉のミックスカート対決は可夢偉がゲーム上手いんじゃなくバカリズムが下手だった

「水曜日のダウンタウン」は企画が面白くていつも楽しみにして観ています。

今日はスペシャルで有野課長プレゼンツでミックスカート対決がありました。

今回はマリオカート7とリアルのカートを1周ずつ走って3周したらゲームのプロとリアルのプロドライバーとどちらが速いかという企画。

芸人のバカリズムとF1ドライバーの小林可夢偉の対決でした。

バカリズムは自他ともに認めるゲーマーということで、出場していたのでどんな走りをするのか期待して観てました。

最初はマリオカート7で1周目スタート。

バカリズムがロケットスタートを決めて一歩リード。流石だなとその時は思いました。

ところが……

ほとんどマリオカートをやったことがないと言っていた可夢偉が案外速く、すぐにバカリズムに追いつきます。

観ていたら、可夢偉はまあまあとしても、ゲーマーと言っていた割にバカリズムの走りがしょっぱいんです。

簡単なコースでラインが乱れるし、コースアウトもするしで、観てられなかったです。

その代わり初めて運転したという実車のカートが思いのほか速く、結局、最後までいい戦いをしていましたので、番組的には面白くなったようで。

実車が速くなかったら、白けた映像になってたんじゃないかな。

本人も最後に自分はゲームより実車の方が速かったと言っていましたね。

昔、マリオカートwiiをかなりやり込んでいたので、ちょっと文句を言いたくなって書いちゃいました。

あれだったら絶対、僕のほうが上手いですから。

コメント