午後の修行

シェアする

ちょっとカテゴリーを変えて午後の修行というのを入れてみた。

正しくは悟後の修行と言って、禅において小悟(一瞥体験などとよく言われる)があってからが本当の修行で、そこから頑張らないと大悟(まあ解脱とかいうやつですかね)できないという教えなんです。

でもそんな大層なもの、僕はくそくらえって感じなんです。(口が悪い^^)

だって大層に修行しても、本当にそんなレベルに達している人ってわずかですから。

そんなもの市井の人だって、何にもしなくたって起こるときは起こるんですから。

悟る(この言い方好きじゃないんですが、世間一般に通用する言い方が他にない)ってのは勝手に起こりますから。

なんでもない街に、誰も知らない農村に、なんにもしなくともそういうレベルにいる人はいますよ。

庭に咲いた花に心から感動し、毎日食べてるご飯の美味しさに感動し、聞こえてくる鳥の声に耳を傾け、道行く子どもの元気を喜ぶような人が。

そんな人は心の中にいる本当の自分に帰って、赤ちゃんのように無垢な生き方をしている。

悟るなんて本当はなくて、ただの自然現象。

風が吹くように。

木の葉が舞うように。

雨がふるように。

宇宙の自然な成り行きです。^^

人の一生を一日に例えたら、子どもから青年までは元気に活発に動き回るそれは午前中。

真昼になってそこまでの人生を振り返って一服する。

本当に大事なものは何なのか、自分とは何者なのか、生きる意味は何なのか。

そして本当の自分に気づき始めて、人生の後半である午後を生きていく。

だから、僕はあえて午後の修行としました。

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー